Posts in Category: 相続について

土地の名義をどこで間違えた ・・・その2

こんにちは。

世田谷の相続相談屋です。

今年も早いもので3月が確定申告が終わり4月も半ばです。

新しい生活のスタートを切った方も多いでしょう

ところで、前々回(2月に)土地の名義をどこで間違えたか、というお話をしましたが、

今回の確定申告で、それを修正したことによる税務がどうかと問題になったりしました…

また、偶然にも同様の相談が入りました。

それは先代の相続時点で兄弟共有で登記をしたので、代替わりの対策を考えて共有を解消したい。
というものでした。ところが、蓋を開けてみたら長男の単独所有になっていました・・・

結果的には良い方へ転んだ事例ですが。

こういうことは意外に有ることです。

本日も最後までお付合い頂きありがとうございました。

今年も確定申告の時期になりました・・・

こんにちは。

世田谷の相続相談屋です。

今年も早いもので2月が過ぎあっという間に3月ですね~\(◎o◎)/!

確定申告の時期でご苦労されている方も多いと思います。

相続手続きにおいても、税務申告は切っても切れません。

相続税だけでなく、所得税や贈与税が関わることが多々あります、

また税対策も重要なこととなります。

これを機会に我が家の資産、相続対策を含めて考える良い機会かもしれません。

本日も最後までご覧頂きましてありがとうございました ^^;

土地の名義が違っていた・・・

こんにちは。

世田谷の相続相談屋です。

前回の続きで、とあるお客様お正月の家族会議での「不動産の名義について」のお話をしの続きです。

前回も触れましたが、そこで問題になった先代の相続の時に作った(交した)遺産協議書の内容では

子供3人での共有持分としたはずが、登記上は長男の単独の所有になっており、実際に登記の名義が違っていた事でした。。

この土地は活用がなされず空き地になっていました。そこで活用をしようとご家族で話合い、

とある事業を誘致する事になり、二男の方の名義で契約し事業の申請を行いました。
ところがったので実際に申請する段階で登記人の名義が違っていた事が発覚したのです。
(事前によく確認をしておけば良かったのですが、、最悪事業がとん挫してしまいます・・・)

幸いご家族の関係は良好でしたので、大きなトラブルにならず、兄弟間で土地賃貸契約を交わす事で
決着しましたが、これで関係悪化している家族ならば大問題に発展したかも知れません。

特に収入が関っていることですので・・・

どこで間違えたのか、こういうことは意外に有ることです。

気になるあなたは一度点検をされてみてはいかがでしょうか。

不動産の名義について

こんにちは。

世田谷の相続相談屋です。

前回、お正月の家族会議のお話をしましたが、そこで問題になったのは
先代の相続時に作った(交した)遺産協議書の内容と、実際に登記の名義が
違っていた事でした。。

話は飛びますが、以前、「不動産共有名義を解消したい」という相談が増えたと
感じた、と投稿した事がありますが・・・

遺産協議書の内容と、実際に登記名義が相違している事例は過去に何度も経験しております。
対処法としては色々選択肢がありますが、正にケースバイケース、、

特に名義変更する場合、贈与税の問題が大きく
拘わるので慎重に対応したいところです。

お正月に資産について考えよう!

こんにちは。
もうすっかり年末ですね、、正月も近い・・・(^^;)
お正月と言えば親戚で集まる機会も多いでしょう、、!?

これを機会に我が家の資産、相続対策を含めて考える良い機会かもしれません。
※(相続対策は相続が起きた後より、生前の方がはるかに色々な対策がとれますので生前の対策はとても重要になります。)
色々な情報が出回っていますが、なにから始めて良いか、わからず混乱している方もいらっしゃいますよね。。

ザックリですが、下の項目に当てはまる方は、是非一度点検をされたら如何でしょうか?

◎ 遺作成していない方(やはり遺言は必須しょう。)
◎ 遺言の記載内容は慎重に!!遺言が基で相続争いが勃発したケースも・・・
◎ 夫婦でもお金は他人・身内の間でも、多額の貸したお金と贈与したお金の区別付いてない方(出世払いを含む)
◎ 配偶者が居ない方・・・相続
◎ 再婚された方(配偶者は遺産の半分まで相続税が無税)
◎ 子供さんが居ない場合(相続の際配偶者の身内と遺産分割が必要)
◎ 養子縁組をすれば相続人が増えるので税対策になる。
(但し、権利者も増えるので権利対策が必要)
◎ 認知した婚外子がいる場合・・・※相続が発生し戸籍を確認したら「別に知らない子供が居たケースもありました」
◎ 2世帯住宅で共有登記している場合
◎ 経営者等での会社に貸付金がある人
◎ ,のご夫婦の方
◎ これからアパート等を建築予定の方(現在お持ちの方う含め)
◎ 未登記(先代名義等)の不動産をお持ちの方(代変りするほど大変)
◎ 身内(相続人)が海外に居住している方が居る場合
◎ 後継者が無く、大切なペットの将来が心配な方
(遺言を活用しペットの将来の不安を解消)ペットに遺産を残す方法には、現実の実務では難しいところもあるようです。
◎ 預金など子や孫へ生前贈与を行ったが管理が曖昧な方
◎ 問題は承知しているがどの専門家に頼むかわからない
◎ 何となく心配・・・実は良くある相談です

資産調査のついでに温泉

こにちは。

相続専門の相談屋です。

もうすっかり年末が近づき、あなたはどんな年でしたか?

話はかわりますが、先週、お客様がお持ちの別荘の資産調査で不動産屋さんと一緒に箱根に行ってきました。

仕事の話はおいて置いて・・・
一泊して温泉につかってきました、紅葉が綺麗でしたよ~

都内で近くの温泉に良くゆきますが、高原の樹木に囲まれての温泉は格別でした、、

癒されますね~長生き出来そうです(笑)

海外資産の相続手続き・・・是非遺言を

こんにちは。
相続専門の相談屋です。

少し前に相続手続で海外資産をお持ちの方の手続きがありました。
勿論お客様の同意を得て投稿しています。

ご存知かも知れませんが、その国によって税制が違います。

日本と違って相続税や、贈与税が存在しないか、極端に低額な国があります。
でも、日本国民なら当然ながら日本の時報に従って手続きをしなければなりません。

また、日本のように国籍制度の無い国では、遺言が有ると無いでは手間、費用が極端
に違う所があります。

今回のケースでは遺言が無かった為、お客様大変な思いをされました。

海外資産を有る無しに限らず遺言は大切だと改めて感じた次第です。

土地や建物、不動産の共有って意外と大変!

こんにちは。
すっかりご無沙汰してしまいました・・・(@_@;)

最近、不動産の共有に関しての相談が増えたと感じます!

あなたも、もうすっかりご存知の事と思いますが平成27年(一昨年)からの相続税改正
で、相続対策や不動産などの有効利用をする人が増えています。

私のところの相談も増えました。。

前回の相続時に不動産を共有にて手続きしたものの、相続税改正により有効利用を
しようと思ったら共有者同士の意見が合わず、金銭により一方の権利の買い取りや、
贈与などによってその権利を解消しようと言うものです。

買い取りにしても、贈与にしても色々な税金や、費用が掛ってきます。

ケースにもよりますが、例えば、譲渡所得税、贈与税、不動産取得税、それに登記料に登録免許税などなど・・・
また、土地区画を分ける場合、測量、分筆登記、など

相続の時に税金や、費用を払って、更に追加負担となってしまします。

こういった不合理を避ける為にも、相続時の検討は大切ですね。

☆これらを機に我が家の資産、相続対策を含めて考える方が増えております。以前の書き込みのように、、

☆(相続対策は相続が起きた後より、生前の方がはるかに色々な対策がとれますので
生前の対策はとても重要になります。)色々な情報が出回っていますが、なにから
始めて良いか、わからず混乱している方もいらっしゃるようです。
これは一例ですがご参考になればと思います。

相続対策って言うけど、何をすればいいの?

相続はある日突然やってきます。 相続が発生した後は、生前と比較し、出来る対策が極端に限られてきます。 申告や申立て期限等、限られた期間の中で重要な選択、決断をしなければならない事も・・・

相続は時間や手間暇が取られ、費用もかかります。

更に相続は百人百色です、各々家庭により事情が違いますので

これが絶対正解という方法はありません。
ですから相続には是非「事前準備、対策」が必要ではないでしょうか。 事前の準備次第では、 相続税、贈与税など削減できる場合で有ったり、親族同士

の無用な争いを避けることも可能なのです。
では、何すれば良いのでしょうか?! 相続対策は一般的に、主に次の3つの項目に大別できます。

1、遺産の分割対策(争族だけではなく、事業継承、分け難い資産の対策など)

2、納税資金の対策

3、節税対策 (相続税の他、贈与税、譲渡税など含め

※全ての方がこの3点を全て必要とする訳ではありません人により優先順位もちがうでしょう。

相続税の心配が無い方、納税資金が確保出来ている方や、事業家であったり、家族関係が複雑である方など各々家庭により事情が違ってきます。

また、人によっては、負債の対策も重要な対策の一つでしょう。

相続対策に当り、共通して必要な事は次の事かと思います。

1、財産内容の確認

2、借金、連帯保証等、負債の確認

3、推定相続人(相続の発生時に相続になる方)の確認

などなど・・・その上で何を優先するか検討し進んで行くと思います。

 

相続対策には、 各家庭でそれぞれの選択肢が違ってきます、最善策の検討が必要と考えます。

また、時間の経過と共に、民法や税制改正、家庭環境は変遷して行きます、

必要に応じて定期的に修正することも重要かと考えます。

 

1、節税対策  2、納税資金対策  3、遺産の分割(争族)対策

それぞれの対策については、別の機会に事例などを交え触れたいと思います。

 

※このブログに記載している記事の専門的な個所は、税理士さんや弁護士さん、司法書士さん

など、それぞれの専門家の意見を頂き掲載しております。

ご心配事や気に為る方は些細な事でも結構ですので、お気軽にご相談ください。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

相続を考える上で「基本の法定相続分」について

亡くなった人の財産は誰が引き継ぐでしょうか?

亡くなった人の財産を引き継ぐ権利を 持っている人は、法律(民法)によって定められています。

この民法で定められた、相続できる人を「法定相続人」といいます。 また、民法で定められた分割する割合を「法定相続分」といいます。

法定相続人は、以下に挙げる人たちで、 相続する権利の順番や法定相続分が決まっています。

◎配偶者…配偶者はどんな場合でも相続人となります(内縁関係は除く)。

【第一順位】「子供」…子供が既に死亡している場合は、その子である孫が代襲相続(子供の子共、孫など)。

(法定相続分)配偶者1/2、子供1/2 ※子供が複数いる場合は、人数で均等に割る 【第二順位】「父母」…

第一順位にあたる人がいなければ、父母が相続。 (法定相続分)配偶者2/3、親1/3 ※両親ともにいる場合は2等分する

【第三順位】「兄弟姉妹」…第一順位、第二順位にあたる人がいなければ、兄弟姉妹が相続。

(法定相続分)配偶者3/4、兄弟姉妹1/4 ※兄弟姉妹が複数いる場合は、人数で均等に割る

ですから孫や子供の配偶者は、直接的には法定相続人にならないのです。

・「後を継いだ人に多く財産を残したい」

・「疎遠になっている子供へは財産を少なくしたい」

・「孫にも財産をあげたい」

・「介護をしてくれた息子の嫁にも財産を渡したい」

などなど「財産をあげたい人」「あげたくない人」について人それぞれお考えがあると思います。

特に不動産や自社株式(分散しない方がよい)など分けずらい財産は事前対策の検討が必要ではないでしょうか?

本人の意思であれば法定相続分を変える方法があるのです。

この定相続分を変える方法は次回以降の機会に投稿したいと思います。

最後までご覧頂きましてありがとうございました。